アラド戦記と幻想神域で魔法ぶっ放すバカのチラシの裏

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

ふと日付を見たら、9月11日。
この翌日の日付は、当時高1だった私にとっては初めての修養会の日で、本来なら12日に語るべきなんだけども、日付を見て思い出してしまったので、ちょっと語る。

まず、タイトルにもある「修養会」の説明から。
うちの高校は、カトリックのミッションスクールなので、年間行事に神父様を招いて、説教を受けたのちに「ミサ」を行う日があります。
(クリスマスミサもあるけど、これは生徒会主体で演劇やキャンドルサービスとかやるのでまた別の行事)
そして、その日1日、自分と向き合う日として過ごすのが「修養会」という行事で、当時担任だった先生曰く、「以前は誰も何も話さない一番静かな日」だったそう。
私たちの代ではそんなことも無く、ミサの前後は(確か始まる前がお昼だったので)にぎやかでした。

そんなうちの高校の、母体となる修道会は、本部がカナダにあるので、入学した年に宗教の授業を持ってくれたシスターも、とってもキュートなカナダ人のおばあちゃんシスターだったり、今の理事長も本部の総長を務めたシスターが着任したりしてます。
このミサに招かれた神父様も、後に大学でラテン語講師として週1回お会いすることになった、とても陽気で恰幅のいいカナダ人の神父様でした。
(現在、シスターの情報は高校卒業後皆無、神父様は「故郷へ戻られた」との情報までしか探せず、お二人とも高齢でしたのでまだお元気でいらっしゃるのか、既に天にまします父の御許へ旅立たれたのかは不明です)

そんな陽気な神父様が、説教中あの事件の話をされたのです。
(ある日大学での講義後に、ふとこの話を直接聞いてみたので、余計印象に残ってるのもあると思います)

泊まったホテルで、朝TVのニュースを見ながら「今日の修養会は何を話そうか」と原稿を作っていたところ、ニュースで世界貿易センタービルへ飛行機が衝突したと流れたそうだ。
世界貿易センタービルや周辺には、神父様の友人たちがたくさんおり、中にはその周辺で勤めている人もいたが、神父様本人は日本にいて、今日の修養会に招かれている以上今すぐ安否を確かめることが出来ない。
もどかしい思いをしながら修養会の原稿を書き上げた神父様は、この修養会で話す予定ではなかったらしい「犯行グループに対しての怒り」をあらわに。
「説教中に玩具を使って、分かりやすく楽しい話をする、いつもニコニコ顔のあの神父様が、ここまで怒りをあらわにするのは初めてだ」と担任が言うほどでしたので、事件のことをあわせても貴重な体験をしたのだなと今でも思います。

翌年の修養会も、同じ神父様の説教でしたが、1年目の修養会の説教ほどの印象はありませんでした。
(それでもめっちゃ面白い内容だったのは事実デスヨ、びっくり用に使う小物の後に使った小物が可愛かった)

十数年経った今でも、これだけ印象に残るのは滅多に無くて、覚えてる自分にも驚きですが。
年1回くらい、この日を思い出して静かに過ごすのも大事ですね。

よろしければアラド戦記・攻略ブログ幻想神域 -Innocent World-・攻略ブログポチッとニャー(ΦωΦ)
明けましておめでとうございます。

昨年中は、つたないブログへ足を運んで頂き、誠に有難う御座います。
本年も、変わらずのまったりペースで最低月2回の更新をモットーにやっていく所存です。

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

短い文章での更新ですが、新年の挨拶と代えさせていただきます。

よろしければアラド戦記・攻略ブログ幻想神域 -Innocent World-・攻略ブログポチッとニャー(ΦωΦ)