アラド戦記と幻想神域で魔法ぶっ放すバカのチラシの裏

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

あの一件より、結構時間が経過したように感じます。

思い出すとまだ辛い点もあるんですが…。

冷静に見直して見ると、自分の非を認めた時点で自分は反省しました。
謝罪も行きました。…受け入れてはもらえなかったけれど。


でも、その時点でメイプルから離れて頭を冷やした訳です。
時間を置いてから思い出すと、疑問が頭に浮かびます。

ただ、自分が疑問に思ったことをそのままぶつけるので…。

そういう類の記事が嫌な方はMore部分をお読みにならない方が宜しいです。

それでも読みたい方はどうぞ。

よろしければアラド戦記・攻略ブログ幻想神域 -Innocent World-・攻略ブログポチッとニャー(ΦωΦ)


自分の起こした騒動の件についての、現在の疑問です。

まず一つ目。
こちらは自分の非を認め、受け入れてもらえなくとも謝罪をした。
この時点で、相手側から「心配」とも「あてつけ」とも読み取れるコメントを頂いています。
※自分勝手ではありましたが、某所にて、とある方と一緒に解釈していただきました。
ここで誠意ある対応が無い事に、何処までも心の狭い感じを受けました。
これだけで「一生許さない」と言うなら、とある方の解釈にもありましたが「許し、許されて生きている」ということから逸脱していますよね。

二つ目。
コメントの方にありましたが、「貴方は一人ではありませんか?」という一言。
私が一人だと見えるのは、相手側だけなのでしょうか。
友達登録している中で一人になっている、というのであれば、盲目的過ぎに感じました。
私のゲーム内での友人は、友達登録している方だけではないです。
4次転職時等の拡声器量を見れば、半分近くが友録をしていない人でした。
もし、これがメイプルに縛られて考えられているのなら、視野が狭すぎます。

三つ目。
この件に連動して、人の話も聞かず「裏切り者」と呼んだ人が居ることについて。
こちらは、トリスタにてStorangeDaysギルマスことサクヒと話をした所、「不信」の為に「ギルド追放」となりました。
ギルマス・サクヒが発言した、その人への言葉。
「貴方は何年一緒に居たんですか?貴方の信用は上辺だけだったんですね」

私が「裏切った」というのなら、その理由や根拠を挙げて欲しいものです。
根拠や理由の言えない発言では、「虎の威を借る狐」のように感じます。
「救い様の無い悪女」との中傷言葉を頂きましたが…流石に笑いましたね。

ブログ記事をリア友に見せて「救い様の無いのはこいつだ」と意見を頂いています。
救い様のないシスコンに今更何を言われても、何とも思いませんよ。

四つ目。
冷静になったのなら、大人な対応を取れるはずだということ。
20代、それも社会に出ても恥ずかしくない人であれば、嫌な事があっても何かしらの対応を取れるはずです。
一つ目の疑問と被りますが、社会人は嫌な事も耐えたり、水に流すものではありませんか?

五つ目。
「プリビショを道具扱いしている」と言われた事について。
この件に関して、肯定も否定も致しません。

プリースト時代に「道具扱いは嫌だ」と訴えた事はあります。
…ありますが、マイプリが話題に挙がっていた頃の話。
マイプリの話題が沈静化した頃から、「どの職も似たり寄ったり」と思い始め、今は「道具扱い」について「どうでもいい」と思っています。
何せ、ビショップは場所によっては「戦闘員」ですからね。

私が「プリビショを道具扱いしている」と言うのなら、その理由や根拠を、納得できるよう挙げてくださいな?




一昨日、珍しくInしていた同年代の方とこの件について話しました。
その方からは、相手側の当事者二人や、元相方を心配している辺り、「優しい」と。
元相方に関しては、自分で気づかない限り何も言いません。
私のリア友からは「究極のヘタレ」や私の口からは言う事を躊躇うような単語が飛び出しておりました。

同じ事ばかりくり返すのなら、元相方自身が本当に一人になりますね。


この件の相手側の当事者二人に関しては、あちらが自分の思いを伝えてこない限り、もう何も言いません。
ただ、お互いの意思疎通はちゃんとしないと、上手く行かない気がします。
珠蟲姫が嫌いと言っているのにカップルリング相手が「珠蟲姫の空きを見つけたからおいで」と言う辺りは意思疎通できてませんよね?
ちゃんとその点を話していなかったから、毎回嫌だけれども相手が居るから行くという結果になるのでは無いでしょうか?



反省をするからこそ、「今」を生きる事ができる。

この件の相手側の当事者二人に、心の充実した生活が送れるように祈りたいです。
元相方には、さっさと自分の反省をしてもらう事を祈るばかりです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enkuu.blog51.fc2.com/tb.php/352-40b632b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック