アラド戦記と幻想神域で魔法ぶっ放すバカのチラシの裏

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

とりあえず中の人は無事です

ちょっと振り返ってみよう。
○11日 ※14時46分頃 地震発生
当日は職場のスーパーがリニューアルオープン初日ということで、朝からたくさんの人が店を訪れていた。
発生直後、大きく揺れ、店内が一時騒然となる。
電気は通ったままだったので、レジで登録中の商品を全て通し、収まったと安心した次の瞬間に、第二波の揺れが発生。
第一波の揺れよりも大きく、店内にいた来店客は全て店外へ避難、次の対策を取ろうとした1分後に更に強い第三波の揺れが発生。
従業員全員が店外へ。売り場にいた従業員は道路を挟んで向かいの駐車場へ、バックルームや作業場にいた人は裏口から外へ避難。
これ以降停電するも、電話は30分ほどして復旧、リニューアルの応援に来ていた他店従業員は、それぞれの店へ戻る事に。
揺れが収まり、津波の情報が出始めた頃、別館酒売り場の片付け開始。
瓶商品が殆どだった為か、最上段に乗せていた商品の一部が破損、別館内部が異様な酒臭さに包まれる。
何度か余震により中断するも、一度社員は本館へ戻り、そのまま閉店予定時刻辺りまで販売再開。
自宅1階の物は殆ど落ちず、被害なし。2階自室では滑り落ちやすかった紙袋と、その上に乗せていた物が落ちた程度、弟たちの部屋も、ぬいぐるみをいれた筒状のダンボールが落ちてきた程度で、被害なし。
父の会社は津波の影響で床下浸水。
父の仕事用兼コレクションの懐中電灯を家族で1つずつ持ち、夜を過ごす。

○12日 停電とガスの使用不可。水は使用可能。
連絡も何も取れないので、朝起きて職場へ。パートは手伝わなくていいと言われ、その足で近所のコンビニを確認しに行く。
特に買う物もなかったので、帰宅して片付け開始。
両親と弟が形態の電池がないと言ってきたので、簡易充電器2つを貸し出す。
携帯電話、DSの電池がなくなりかけ、何もする事がなくなり、途中で止まっていた千羽鶴を再開する。
22時10分頃、自宅の電気が復旧。
携帯電話の充電を再開すると、職場の同僚から翌日の出勤についての電話。

○13日 電気復活。ネット再開。
地震でPCが突然切れた状態だったので、念の為セーフモードで起動→通常起動をして動作確認。
相方とスカイプで少し話し、仕事の準備をして就寝。
朝、職場からなるべく早く来いとの電話を受け、13時前に出勤。レジも長蛇の列。
21時の閉店までに、店内の商品で品薄、品切れが続出。
久しぶりの精算作業にパニくりながらも、業務を終了し、帰宅。
とにかく物を売っていくのが作業でしかなかった。

○14日 沿岸津波警報全解除、市内避難勧告解除
10時半頃起床、店から電話が掛かり、店長から「なるべく早く出勤してもらえるか」と要請される。
近所なのですぐ出勤、11時にはレジ2人体制で応対を始める。
13時から1時間休憩を頂き、今後のおやつとして一口チョコ系のお菓子を買い求めるも、数が少なく1袋のみ購入。
朝から何も食べずに動いていたので、糖分としておはぎ、スーパーカップバニラを昼食に。
念の為のリポDが効いたのか、14時半過ぎに再び30分の休憩を頂いた以外は、脇目も振らずにレジ登録・会計作業。
就業時間がギリギリだったのか、20時に精算作業。同じ位の時間に来た後輩と共にあがる。
手持ちがお昼でほぼ飛んだ為、パックゼリー2つとかた揚げポテトを購入し、帰宅。

この記事の更新の合間にも、小さな余震が2回ほど来ました。2階の自室では、1階の居間よりは小さな余震も感じやすいので、神経を張り詰めすぎになってしまいます。
…まぁ、店にいても「これ(この商品)は次いつ入って(入荷して)くるの?」なんて毎回聞かれるので、「入荷したくてもできないんだよ!こっちに聞くなよ!」って言いたくなります。
たとえ地震で被害が少ない地域であろうと、地震で仕入れが出来ない、出来ても少ししか出せないのを分かってて聞くなら、諦めて欲しいところです…。

家のストーブ用灯油が持ちそうもないと言われたので、しばらくは節約生活です。
ご飯はまだカップ麺やお粥、お米が3kg強くらいが残っているのと、父が持ってくる魚が冷凍庫に大量に保存してあるので、あまり困りはしない…かな?

今後困るのは、岩手から福島にかけての3県に住む方々だと思われます。
他の都府県の方々が買い貯めをする為にスーパー等で大量に買い物をすると、どこもかしこも足りなくなるという負のスパイラルが発生します。
なるべく、ボランティアに参加するよりも義援金や、今後不足するであろう献血提供の継続など、現地に確実に必要であると判断されるもののご協力をお願い致します。

よろしければアラド戦記・攻略ブログ幻想神域 -Innocent World-・攻略ブログポチッとニャー(ΦωΦ)

八戸市民として、市から津波の犠牲者を出してしまった事に深い悲しみを覚えます。
18年前の12月27日、三陸はるか沖地震の際にも、「逃げ遅れた為に」犠牲になった方が何名かいます。

「逃げ遅れない為に」何が出来るか、身の回りをみて考えてみてください。
地震が起こったら、火事が起こったら、津波が起こったら。
「if」でしか想像することはできませんが、それを想定して実際に動いてみる事で分かる事もあります。

災害から自分の身を守るのは、自分です。自分で自分を守るしかありません。

今回の事を教訓に、小中高生なら避難訓練を真面目に受けてみませんか?
社会人なら、徒歩でも帰宅出来るルートを確認したり、安否の確認方法等を再確認しませんか?

普段から心の片隅にでも止めておけば、いざと言う時に、きっと役に立ちますよ。
ここに書いた事は偽善かもしれない。でも、それはいつか巡って自分の為になります。

…その「いつか」がきっとないといいんですけどね。
コメント
この記事へのコメント
No title
姉さん福岡は今日も平和です・・・。
2011/03/24(木) 17:49 | URL | 黒霧 #-[ 編集]
No title
>>黒霧さん
青森も徐々に平和を取り戻しつつあるんだぜ…TVで不安を駆り立てられた人たち以外。
2011/03/24(木) 21:13 | URL | 空琉 #XtGfTa1U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enkuu.blog51.fc2.com/tb.php/537-6ee57e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック